So-net無料ブログ作成
検索選択

彼女が途絶えない男が必ず行っているたった1つの習慣 [アプローチ選定]

「どうしてあいつは彼女と別れても
 またすぐに別の女ができるんだ?」


モテる知人、友人を見て
一度はこのような疑問を持ったことがあるだろう。



基本的に人間は

・一度に1人の相手しか好きになれない。

・一人の相手としか付き合えない。

…世の中の多くの男女はこう思っている。


にもかかわらず恋人と別れたら
1週間も経たずして次の恋人ができる男がいる。

人生において彼女が途絶えない男がいる。

たった一人の彼女を作るのに四苦八苦している男がいる一方、
日替わりで別の女と遊んでいる男がいる。


それはどうしてか?



「あいつは顔がいいから」
「あいつは金持ちだから」

で片付けてしまうのは非常にもったいない。


なぜならあなたも

“たった1つの習慣”を取り入れるだけで

その「女が途絶えない男」
なることができるのだから。


PAK86_pockygirl20130512500.jpg


「あの子」を落としたいのなら「あの子」を落とそうとしてはいけない



これは「一途な男」や「なかなか彼女ができない男」に
多い“モテない思考パターン”を改善するための言葉だ。



要するに「一人に執着するな」とも言い換えられる。


・一人に執着するとその女しか見えなくなってしまう。

・その女の一挙手一投足が気になってしまう。

・その女が別の男と関わるのを恐れてしまう。

・その女に感情を支配されてしまう。


そんな状況になってしまっては
圧倒的に立場が不利になる。


ヘタすると何でも言うことを聞く「YESマン」になったり
都合良いように使われる「アッシー君」になってしまう。

そんな情けないことはないだろう。


だからここで一歩引いて考えよう。


「別の選択肢」を作るのだ。


つまり「出会い」をたくさん作ること。
これを強くお勧めする。



(こいつにフラレても俺には別の女がいるし)



このような精神状態は余裕を生むことに繋がる。


だから強気に出ることができるし
相手よりも強い立場を狙うことができる。

日常的に頭の中をその女で埋めずに済む。




常にいろんな女と連絡を取り合い
意識を分散させることが、本当の意味での余裕に繋がるのだ。


これは別に「女友達レベル」で構わない。


「自分は多数の女と常日頃関わっている」という
そのセルフイメージが余裕を生み出すのだ。


冒頭の「モテる男」達はこの
「出会いを日常的に生み出す」を必ず習慣化している。


だから一人に固執するようなことはしない。


そうすることでさらに女を引き寄せ

「彼女なんて作ろうと思えばいつでも作れる」という状況になり
本命の、タイプど真ん中の女を落とすことにも繋がる。



事実として

「彼女を作ってやる!」「デートに行こう!」
と鼻息を荒くしている男よりも

「別に楽しければいいや」「飯でもいく?」と
余裕のある男の方が確実にモテる。


だから男友達に接するように
女の友達を増やしていけばいい。

(むしろ「友達」に性別の差なんて考える必要すらないのだが)





そのように関係を拡大・持続していけば…



2014-05-03 22.21.15.png

数時間放置していたスマホをさっき確認したらこのような状況に…



こんな「お誘い」や「オファー待ち」の状況を作るのは容易く、
「ヒマだからこれからこの女と会おう」なんてことも簡単になる。

もちろん、返事をするのは気が向いた時で構わない。




本命である「あの子」がいたとしても
あなたはモテる男になるための行動を怠ってはいけない。


その努力している余裕が…作り出した状況が…
より本命の女を強く惹きつけるようになる。




モテたいのなら今すぐ出会いを作り始めよう。

あの子を落とすために。


賢太郎



P.S
賢太郎の新ブログはこちら
恋愛会話を科学する〜理想の彼女を作るための99の心理学〜



タグ:出会い
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 2

。。。

本命の彼女からしたら、最低な男ですけどね。
by 。。。 (2015-11-18 10:39) 

ぷりぷり

自分も比較的早めに彼女ができますが、出会いが無いもんで、様々なところに出て行き、とりあえず女の子の連絡先はゲットします。
彼女を作るときは1度に4、5人の女の子を相手します。
その中から1番気があう女の子が彼女になるわけです。
by ぷりぷり (2016-05-21 09:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。