So-net無料ブログ作成
検索選択
デート攻略 ブログトップ

臆せば終わり。2回目のデートで気をつけなければいけないポイント [デート攻略]

さて今回は2回目のデートについて話していこうと思う。
基本的にデートの事前準備は初デートと変わらないので
こちらの記事を参考にして欲しい。
なぜ2回目がないのか?初デートで気をつけなければいけないポイント【準備編】



2回目のデートをする頃には
初デートに比べてお互いの事も知り
確実に距離が縮まっている事だろう。


また2回目のデートに応じたという事は少なからず
女もあなたに好意を抱いているという事だ。



lgf01a201406282100.jpg



ではまず2回目のデートの場所についてだが
これは女に合わせてあげよう。

初デートでは食事デートをオススメしていたが
2回目のデートであれば
お互いの事も分かってきたと思うので
話題にあがった事柄や女が興味があるという観点で
デートスポットを選んであげればいい。

映画館、水族館、動物園、遊園地、美術館、ショッピング、ドライブ
2回目のデートのためにも女が興味あるものを
初デートの時にしっかりヒアリングしておこう。



そして、デートの目的はその女と距離を縮めて関係を進展させる事。
2回目のデートで最も気を付けたい事は
関係性を振り出しに戻してしまわない事だ。


具体的に言うと

名前を呼び捨てにしていたのに
「ちゃん付け」に戻してしまったり

初デートで手を繋いでいたのに
2回目のデートでの待ち合わせの時点で
「手を繋がない。」



必ず初デートの時の関係性からスタートしよう。

ここで関係性が振り出しに戻ってしまうと
初デートの意味がなくなってしまうし
進展のないデートを何度も繰り返す事になる。


おそらく2回目のデートの待ち合わせで
手を繋ぐのは勇気がいるだろう。

しかし、2回目のデートに応じている段階で
少なからず女はあなたに好意がある。
いやであればそもそもデートには来ない。

表面的に出さなくても
あなたの事を男として認識しているのであれば
手を出して欲しいというのが本音だ。

ここは遠慮が裏目に出てしまう。
多少強引でも行動しよう。



そして2回目のデートともなれば
キスや体の関係を持つ事もあるだろう。

それらについてはまた
別の記事で詳しくお話する。


2回目のデートでは

関係性を振り出しに戻さないために
初デートの時の関係性からスタートする。

覚えておこう。



賢太郎



P.S
賢太郎の新ブログはこちら
恋愛会話を科学する〜理想の彼女を作るための99の心理学〜



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

なぜ2回目がないのか?初デートで気をつけなければいけないポイント【実践編】 [デート攻略]

今回は初デートで気をつけなければならないポイントについての実践編だ。

まだ準備編を見てない方は
まずはこちらの記事に目を通してみてほしい。
なぜ2回目がないのか?初デートで気をつけなければいけないポイント【準備編】



lgf01b201407012300.jpg



さて早速だがあなたに質問がある。
なぜあなたはデートをするのだろうか?


その女と付き合うため?
あるいはその女と一夜を共にするため?


そう、女と関係を深めるためにデートをする。
デートはあくまで上記の目標を達成するための手段。

目標を達成するためにはデートを通して女と関係を進展させる必要がある。
決してデートする事自体が目的にならないように注意しよう。





・名前を呼び捨てにする
恋愛では女よりも立場を上にする必要がある。
 そこで効果的なのが名前の呼び方だ。

 まず初対面でも
 「さん付け」「苗字」で呼ぶのは止めよう。
 一気に壁が出来てしまう。
 
 もちろん出会った時にいきなり呼び捨ては馴れ馴れしいので
 最初は下の名前で「◯◯ちゃん」と呼ぶのがベター。


 そして初デートでタイミングを見て
 名前を呼び捨にするようにしよう。

 こうする事で立場を上にする事が出来るし
 距離をグッと縮める事が出来る。

 呼び捨てをするための流れとしては
 
男 「普段は友達から何て呼ばれてるの?」

女 「普段は下の名前で呼ばれる事が多いかな」

男 「それじゃ俺も名前で呼ぶわ。◯◯はさ…」

 といった感じで一度断ってから呼び捨てにしてもいいし


男 「◯◯ちゃんの名前ってどんな漢字書くの?」

女 「こういう字だよ」

男 「へー!◯◯ってそういう漢字書くんだ。じゃあ◯◯はさ…」
 
 といった感じで自然な流れで呼び捨てにしてもいい。



・恋愛トークをする
→ある程度お酒も入り打ち解けてきたら
 必ず恋愛トークをしよう。
 
 恋愛トークが嫌いな女はいないし
 恋愛トークをする事でより男女の関係を意識させる事が出来る。
 
 そしてなによりも
 その女を落とすための情報を
 得ることが出来るのだ。

 ここで気を付けたいのはよく質問にあがる
 「好きなタイプは?」
 という質問。 
 
 この質問をする事自体は問題ないのだが
 女の答えを真に受けないようにしたい。

 というのも中には男ウケするように答えを作っている事もあるし
 好きになった後であれば
 彼氏に関する物は何でも好きになるのが女だ。
 
 必ずしも統一された好きなタイプがあるという事はまずない。
 つまりあてにならない事が多い。

 それならば
 
 「どういう人と付き合ってきたのか?」
 
 「どういう流れで付き合う事になったのか?」
 
 こういった質問であれば返ってくる答えは事実であり
 その女と付き合うためのヒントが隠されている。

 極端だがその流れをそのままトレースすれば
 その女と付き合える訳だ。



・スキンシップをする
→相手に最も好意を伝えられるのがスキンシップだ。
 そして、スキンシップで大切なのはステップを踏む事。

 初デートでいきなりキスを迫れば
 確実に拒否されてしまう。

 まずは膝や肩がぶつかったり
 手で相手の肩に突っ込みを入れたりと
 こういった軽いものから始めよう。

 
 私がよく使うのはメニューを一緒に見るときに
 相手の太ももの上にメニューを持った手を乗せる。
 キャバ嬢がよく使うのだが
 太ももは意外とドキッとする箇所なので効果的だ。

 また恋愛トークや浮気の境界線の話の中で
 手の繋ぎ方を実演して実際に手を繋いだり。

 異性の好きなパーツの話題を出して
 「耳たぶが好き」と言って耳を触ったり。
 (これは後々キスをするための伏線にもなる。)


 そして初デートであれば
 手を繋ぐところまでは行きたい。

 手を繋ぐポイントとしては
 お店から出てきて駅などに歩き出す瞬間。
 その時に「行こうか」と声をかけながら手を繋ぐ。
 お店の前でタイミングを逃したら
 信号待ちで緑になった時でもいい。


 また食事中に普段のデートで手を繋ぐ派か
 腕を組む派なのかを聞いておいて
 「そういえば手を繋ぐ派って言ってたよね笑」
 と言いながら手を繋いだり
 逆に
 「普段は腕を組む派って言ってたけど今日は手を繋ぐ方で笑」
 と笑いながら手を繋ぐのもありだ。


 寒い季節であれば
 「手がめっちゃ冷たいー」
 と言いながら手を握り
 「あったかい!少しこうして温めて笑」
 と言って手を繋ぐ方法もある。


 相手がもし拒否をしてきたら
 それは無理をせずに引き下がろう。
 また段階を踏んでスキンシップをしていけばいい。

 一番もったいないのは何もしない事。
 せっかくデートをしても何もしなければ絶対に進展はない。 



・次回のデートの約束
→初デートの中で2回目のデートの約束も取り付けておこう。
 理由としては会っている時に誘った方が
 デートに誘える確率が高くなる。
 
 またここで約束をしておかないと
 翌日以降にまたあなたの方から誘う事になるので
 女に追いかけさせるという形を作りずらい。

 流れとしては食事中に話題を出して次のデートの約束をしておき
 駅までの帰り道で思い出したように
 次に会う具体的な日程を決めてしまうのがスマートだ。
 
 食事中に具体的な日程まで詰めると
 少しガツガツしている印象を与えてしまう事がある。






ここまでデートでの注意点を話してきたが
女は普段から本当によく男を観察している。

これは私の経験談なのだが
以前付き合っていた女に言われたのが

「あなたの気遣い出来る所も好き。
 お店で注文する時店員さんが見やすいように
 メニューを店員さん側に向けて注文してるよね」

これは私は無意識で行っていたのだが
彼女に言われて納得すると同時に
女の観察眼の鋭さに感心したものだ。

店員へのメニューの見せ方ですら女はチェックしている。
覚えておこう。



賢太郎



P.S
賢太郎の新ブログはこちら
恋愛会話を科学する〜理想の彼女を作るための99の心理学〜



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:恋愛・結婚

なぜ2回目がないのか?初デートで気をつけなければいけないポイント【準備編】 [デート攻略]

今回は初デートに臨む前に
気をつけなければならないポイントを話していこう。

2回目のデートに繋げるため
また落としたい女との関係を進展させるために
最低限押さえておかなければいけないポイントだ。



lgf01b201407021300.jpg



・ゴールを決める
→デート前にしておく事だが
 まず必ずその日のゴールを決めておこう。

 これは何故かというと
 先にゴールを決めておく事で
 逆算してデートのプランを構成する事が出来るからだ。

 手を繋ぎたいのなら
 歩くために最寄り駅から少し離れたお店を選ぶ。

 キスをするのであれば
 雰囲気のよいスポットチェックしておく。


 そしてなによりもゴールを決めておく事で
 デートをしたけど何も進展がなかったという事態を避ける事が出来るのだ。

 例えば具体的には
 「初デートで必ず手を繋ぐ」
 「初デートでキスまでする」
 といった感じでゴールを設定する。

 世の中には全く手を出さず何も進展のないデートを
 3回も4回も繰り返している男がいる。

 何の進展もないデートを繰り返していると
 例え女があなたに好意を持っていたとしても

 「この人とのデートは時間の無駄」

 と感じてしまい女の気持ちは冷めてしまう。

 女との関係を進展させるためには
 手を繋いだり、キスをしたり、体の関係を持ったりと
 男側がリードしてスキンシップをしていく必要があるのだ。



・下見をしておく
→デートで行くお店などは必ず下見をしておく事。
 お店までの道のりは実際に歩いてみるのもいい。
 必ず事前にチェックをしておこう。

 手間だと思うかもしれないが
 デート当日に迷ってしまって
 お店まで辿りつけないのよりは遥かにマシだ。

 こちらの記事でもお伝えしたが
 初デートであれば食事デートがオススメだ。
 →初デートの誘い方3パターン。あなたはどのパターン?



お店の予約をしておく
→お店は絶対に予約をしておこう。
 特に週末は混むので予約をしないで行くと
 お店に入れないという事になりかねない。
 そうしたらせっかくのデートも台無しだ。

 また肝心のお店選びだが 
 初デートは特に席の配置が重要になってくる。

 一般的なお店の席は

 「向かい合わせの席」
 「L字型の席」
 「横並びの席」

 の3パターンがある。

 この中で初デートで避けたいのは
 「向かい合わせの席」だ。

 理由としては初デートで最も重要な
 スキンシップが出来ないのだ。
 
 また会話が途切れた時や沈黙になった時に
 目のやり場に困る
 相手が目の前にいる事でので特に緊張しやすい
 
 デートでオススメなのは「L字型の席」「横並びの席」だ。
 この2つなら距離が近いのでスキンシップも出来るし
 目の前に相手がいる訳ではないので
 目のやり場に困る事もない。

 実際に経験してみれば実感出来るのだが
 席によってデートの結果が全く変わってくる。

 使えそうなお店の情報は
 日頃から自分で調べたり人から聞いたりして
 集める癖を付けておこう。
 


待ち合わせの事前連絡
→デートの待ち合わせ場所や時間は
 余裕を持って2日前くらいに改めて連絡しておこう。

 こうする事によって
 もし女がデートの日程や時間を勘違いしていた場合でも
 事前に対応する事が出来る。





いかに準備をしてきたかによって
デート当日の進めやすさが格段に変わってくる。
上記の事前の準備を済ませてからデート当日を迎えよう。

それではデート当日のポイントについて話していく。

…が少し長くなってしまったので
それはまた次回だ。
覚えておこう。



賢太郎



P.S
賢太郎の新ブログはこちら
恋愛会話を科学する〜理想の彼女を作るための99の心理学〜



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:恋愛・結婚
デート攻略 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。