So-net無料ブログ作成
女心を理解する ブログトップ

50点?80点?女の合格ライン [女心を理解する]

「マメな男がモテる」

「女は押しに弱い」


あなたも一度はこういった
恋愛ノウハウを聞いた事があるだろう。

だがこういったノウハウを鵜呑みにして
何も考えずに行動してしまうのは非常に危険だ。


というのもマメな男がモテると聞いてメールを頻繁に送ったり
女は押しに弱いと聞いてガンガンアプローチしたりしても
上手くいく人もいれば失敗してしまう人もいるからである。



lgf01d201406280300.jpg



ではなぜ上手くいったりいかなかったりするのか?

確かにマメな男はモテるし
女が押しに弱いのは事実。

だがこの事実の裏側にはある重要な要素が隠されている。

これをしっかりと理解しておかないと
あなたの行動は全て裏目に出てしまうだろう。


裏側にある重要な要素。
それは女が好意を持っているかどうかだ。


女には一人ひとり異性に対する合格ラインというものがある。


そこまで明確なものではないが
この合格ラインを超えればあり
合格ラインを下回れば無しといった具合だ。


この合格ラインを超えた相手であれば
上記のようにメールをマメに送ってくれたり
アプローチをしてきてくれると単純に嬉しい。
なので好意はますます大きくなっていく。


しかし、まだ合格ラインに到達出来ず
下回ってしまっているのであれば
ただウザいし気持ち悪いだけ。


ようは同じ行動をしていても
女がその男に好意を持っているかどうかで
結果は全く変わってくるのだ。


どんな行動をすればいいかを考える前に
まずは女の合格ラインを超える事を考えよう。


やはりまずは第一印象。
髪型、ファッション、体型、立ち振る舞い
イベントや合コンではこれで決まると言ってもいい。



もちろんこの合格ラインは本当に女によっても変わってくる。
合格ラインが極端に高い女もいれば
逆にとんでもなく低い女もいる。

だがあなた自身は常に基準を高く持っていよう。
そうする事でより多くの女の合格ラインを超えていく事が出来るようになる。
覚えておこう。



賢太郎



P.S
賢太郎の新ブログはこちら
恋愛会話を科学する〜理想の彼女を作るための99の心理学〜



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

恋愛はタイミング!女が恋する3つのタイミング [女心を理解する]

「恋愛はタイミング」

恋愛について学んでいるあなたであれば
一度は聞いた事があるだろう。

女は特に感情で行動する生き物だ。
恋愛においても感情で行動する部分が非常に大きい。

結論から言うと恋愛においてタイミングは
かなり重要な部分を占める。

どんなにいい女、オトすのが難しい女でも
タイミング次第で簡単にオトせる事もある。

今回はそんな女をオトすタイミングについて話していこう。



lgf01e201407280100.jpg



まず女は2つのタイプに分ける事が出来る。
恋愛体質の女恋愛体質ではない女だ。

前者は常に恋愛をしていないと駄目な寂しがり屋が多く
比較的オトしやすいタイプ。

後者はあまり恋愛に依存はせず積極的ではなく
オトすのに時間がかかるタイプだ。

恋愛のタイミングは全ての女に有効だが
特に後者の女にはタイミングは重要になってくる。



ではそもそも女はどんな時に恋愛をしたい
彼氏が欲しいと思うのだろうか?


答えはシンプル

ふと寂しい気持ちになる時、人との繋がりを求める時だ。



具体的には


・彼氏と別れた時や失恋した時

・季節の変わり目

・入学、卒業、引っ越しなど環境の変化があった時


特に人はこういった時に寂しさを感じる。





ここで一番のポイントは
すぐに対応出来るように
女と常に連絡を取れる関係性を維持しておく事。

やはり女が寂しいと思った時に傍にいてくれる男は強い。

メールのやり取りをしたり
月に何度か電話をしたりといった
その継続が大事になってくる。





しかし一方でこの女をオトしたいと思った時に
すぐにでもオトしたいと思ってしまうのが男だ。

だが女は様々なタイプが存在する。
その女毎に攻め方を変える必要があるのだ。

もちろんあなたに
「時間がかかる女は一切いらない」
というポリシーがあるのなら別だが
自分の幅を広げるためにも短期的なだけではなく
中長期的なオトし方も視野に入れておこう。

もちろん狙っている女が全員時間がかかる女だと
モチベーションが下がってしまう事もあるだろう。


なので一番の理想は短期的な恋愛、
中長期的な恋愛両方をバランスよく行っていく事だ。

覚えておこう。



賢太郎



P.S
賢太郎の新ブログはこちら
恋愛会話を科学する〜理想の彼女を作るための99の心理学〜



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

「私、真面目な人がタイプなんです!」に隠された2つの意味 [女心を理解する]

「私、真面目な人がタイプなんです!」



飲み会、合コンによく参加している人であれば
このフレーズはよく聞くのではないだろうか?

いわゆる好きなタイプの質問に対して
高確率で返ってくる女の回答だ。


どうやら世の中の女は真面目なタイプの男が好きらしい。


果たしてあなたは真面目なタイプだろうか?


「賢太郎さん、僕は真面目ですよ!」


そう思っている人ほど要注意。


この真面目という概念だが
男のイメージする真面目と女が求める真面目には
大きな違いがあるのだ。

今回は女が言う「真面目」について
掘り下げていこう。



lgf01a201401181300.jpg



真面目という言葉を聞いて
あなたは何をイメージするだろうか?



・女の影がない

・おふざけや冗談が通じない

・仕事が終わったら寄り道をせずにすぐに帰宅する

・デートで一切手を出さない


もちろんこれらも素晴らしい事だと思う。

だが女側が受ける印象はこうだ。
副音声を入れてみよう。


・女の影がない
(モテないのかな?)

・おふざけや冗談が通じない
(一緒に盛り上がれないし、退屈。)

・仕事が終わったら寄り道をせずにすぐに帰宅する
(趣味もなさそう。ワンパターンで付き合ったとしてもつまらなそう。)

・デートで一切手を出さない
(リード出来ない人なんだ。)


女側からの意見をまとめると
本当に真面目な人は
刺激がなく面白くないのだ。


こちらの記事多くの男が「いい人」で終わる理由
でもお話したが
多くの女が刺激に満ちた
焦がれるような恋愛をしたいと心の底では望んでいる。



そもそも女がいう「真面目な人が好き」は
2つの意味合いが強い。

一つ目は「一途」という意味。

女は好きな人には私だけ愛して欲しいと思う。


2つ目は「軽い女に思われたくない」という事。

女は周りの目を気にする生き物だ。
特に初対面などまだ仲が深まっていない段階では
他の質問に対しても無難な回答を言っている事が多い。




女の前だからといって真面目ぶらない事だ。


「あんまり女に興味ないんだよね」

「付き合うまではキスとかしないし」


女の前ではカッコつけて
そんな事を言っているくせに
メールやLINE等ではガツガツしている男がよくいる。

はっきり言ってマイナスでしかない。


女はそもそも男が思っているほど
真面目な男を求めてはいない。



ここを履き違えてしまうと痛い男で終わってしまう。
覚えておこう。



賢太郎



P.S
賢太郎の新ブログはこちら
恋愛会話を科学する〜理想の彼女を作るための99の心理学〜



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

女が1番欲しがる男 [女心を理解する]

「明日結婚してもいい」


「私、いい女だと思うんだけどな…」



これは私が以前付き合っていた
女達に言われた言葉。

私はよくこういった言葉を
女に投げかけられる事が多い。


というのも私が付き合った女は
みな私に依存するのだ。

仕事と寝ている時以外は
常にメールを送ってくる程に。



lgf01a201401222300.jpg



立場は完全に私の方が上であり
彼女達は常に「認めてもらいたい」
という感情を私に抱いていた。


これは決して大袈裟な話ではなく

「あなたがいなければ生きていけない」

といったくらいに
私は彼女達にとって大きな存在になっていたのだ。



ここまで女を依存させる事が出来れば
あなたの立場が揺らぐ事はまずない。


・例え本命が他にいたとしても


・例え他の女と浮気をしたとしても


…だ。


「それでもいいから傍にいさせて!」


と女から言ってくる。





では、なぜここまで女を依存させる事が出来たのか?



その答えは
「人が一番欲しがる物」
に隠されている。


あなたは人が一番欲しがる物が
何だか分かるだろうか?



お金か?



それとも権力か?



または名声だろうか?







答えは



「手に入りそうで手に入らない物」だ。


人はどんなに欲しかった物でも
手に入れて自分の物になれば
満足して興味が薄れてしまう。


「手に入らない」


ここに人は強い魅力を感じる。


これは恋愛でも全く同じで
女は完全に満足すると飽きてしまい
その男にあまり価値を感じなくなってしまうのだ。


恋愛でいうと

「ある程度は満たすけど、完全には満足させない」

このバランスが非常に大事。



自分だけを愛してくれて
好きな人を「私だけのものにしたい」
と思っている女は多い。



しかし、そう思っている所に


・他の女からアプローチされているかもしれない

・自分の事を認めてもらえていない

・自分は本当に愛されているのか不安


こういった感情を女に抱かせる事で
人が一番魅力を感じる
「手に入らない」
という状態を作り出す事が出来る。




私の場合、ほぼ確実に女に

「何を考えているのか分からない」

と言われる。



忠犬のようにその女に一筋だと
考えている事や
行動が読めてしまい刺激がなくなる。


その結果、そういった男は女からすると
「完全に私のもの」
という位置づけになり最終的に飽きられてしまう。


恋愛で彼女を自分に夢中にさせたいのであれば
安心感を与える事も大切だが


・浮気はしていないけど女の影がある

・好きとはいうけどあまり連絡が来ない

・言動が一致しない


などの
「完全に自分のものになっていない」
というある種のスパイスが必要になってくる。


「女を完全に満足させない」


という事を日頃から意識してみるといい。



それが
「不思議さ」「ミステリアスさ」に繋がり
結果あなたの魅力になる。
覚えておこう。



賢太郎



P.S
賢太郎の新ブログはこちら
恋愛会話を科学する〜理想の彼女を作るための99の心理学〜



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

男と一夜を過ごした女の言い訳ベスト3 [女心を理解する]

「お酒を飲んでいて気がついたら…」


「ご飯を御馳走になったから…」 


「終電がなかったから…」


これは私が女から聞いてきた
男と一晩を過ごした後に使う
「言い訳ベスト3」だ。



N825_ko-towokitesorawomiageru500-thumb-autox450%-2252.jpg



女は自分の評価よりも他人の評価を重視する
社会的な生き物である。


なので、その場の雰囲気を壊さない事や
和というもの非常に大切にする。


その場の空気を乱さないように
社交辞令も使うし時には嘘もつく。



女は自分が悪者になる事を極端に嫌う



そして、何かをした後は自分を正当化するための
「言い訳」を求める。


例えば初デートの流れで
男と体の関係を持ったとする。

しかし、
女は周りの目を気にするので
軽い女とは思われたくない。

そういった時に
冒頭のような自分以外の部分に理由を作るのだ。



しかし、これは裏を返せば
女を思い通りに行動させたければ、
言い訳を与えてあげればいいという事。



例えばデートの後に
女を初めて自分の家に呼びたいとする。


しかし、
女の方が「家に行ってもいいかな」
と思っていたとしても
露骨に誘ってしまったら女は承諾しずらい。


この場合、面倒臭いと感じるかもしれないが

「あなたの家に行ってもいいとは思ってるけど
 下手に誘わないでね。」

と女は考えている。



誘う理由は不自然でなく
納得出来るものならなんでもいい。


「もっと飲みたい気分だから家で宅飲みしよう。」


「最近料理にハマってるんだよね。
 御馳走するから感想聞かせて。」


「面白いDVD見つけたんだけど
 一緒に見ようよ。」



もしあなたが女を誘っても断られてしまったり
女の反応がいまいちだというのなら
もう一度誘い方を見直してみるべきだ。


女に言い訳を与えてあげる。


そうする事で自分の思い通りの行動を
女に取らせる確立がグッと上がる。
覚えておこう。



賢太郎



P.S
賢太郎の新ブログはこちら
恋愛会話を科学する〜理想の彼女を作るための99の心理学〜



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

失恋に効くただ1つの特効薬 [女心を理解する]

「男はフォルダ分け、女は上書き保存」



あなたはこんな言葉を聞いた事はないだろうか?


これは失恋をした後や恋人と別れた後の
男女の思考パターンを的確に表現している言葉だ。


今回の話は男のあなたからすると
少し酷な話になるかもしれない。


しかし、この違いを理解しておく事で
一人の女に振り回される事もなくなるだろう。



OZP86_kuso-yarareta500-thumb-395.jpgauto-3725.jpg



ではまず男について話していこう。
男は「過去」を大事にする生き物である。


自分の「武勇伝」を語ったり
「昔は○○だった…」といった
過去の栄光に縋ったりするものだ。



これは恋愛においても同じで
過去の女の事を一人一人覚えている人が多く
過去に自分の事を好きでいてくれた女は
今も自分の事を好きでいてくれる
と思っている傾向がある。


「あんなに好きだったのに」

「あいつ程好きになれる女はいない」


過去の思い出を大切にする反面
その思い出に引きずられる事もあり
いつまでも一人の女を忘れられなかったり
未練たらしいと言われる事もある。





一方で
女は「今」を大事にする生き物である。


過去に好きだった男の事や思い出は
キッパリ忘れて引きずらない傾向がある。


というかそうならざるを得ない。

女には出産のリミットがあるので、
進展のない一人の男に
いつまでも時間を費やしている事が出来ないのだ。


男女のこの思考パターンの違いは
男のあなたからすると
なんとも残酷な話に聞こえるかもしれない。



だが、失恋や恋人との別れにおいて
男女ともに共通する部分がある。


それは失恋の「特効薬」


辛い別れを忘れて、すぐに前に進むためには

「新しい恋をする事」

これが一番効果的であり
男女ともに共通する事である。



あなたもこれから行動を起こして行く中で、
最初は辛い体験をする事もあるだろう。

私も数々の失敗や失恋を繰り返してきた。


・アプローチを失敗して落ち込んだり

・失恋して一晩中枕を濡らしたり

・女の事が頭から離れずに仕事が手につかなかったり


しかし、そんな時こそ行動して
「新たな恋」をしよう。


新たな恋をする事で
過去の恋愛に対し

「そんな事もあったな(笑)」

くらいの気持ちで
笑い話にする事が出来る。



立ち止まっている時間は
非常にもったいない。


例え失恋をしたとしても
顔を上げて涙を拭いて行動あるのみだ。
覚えておこう。



賢太郎



P.S
賢太郎の新ブログはこちら
恋愛会話を科学する〜理想の彼女を作るための99の心理学〜



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

男が恋愛で1番失敗しやすい「男女の温度差」とは? [女心を理解する]

よく「男と女は別の生き物」
と表現されたりするが
恋愛においてはそう思っているくらいでちょうどいい。

女という生き物は
男とは全く違う考え方や感覚を持っている。

恋愛において男の感覚を女に求めると
手痛い仕打ちを受けるだろう。


しかし、裏を返せば女心を知るだけで
あなたの恋愛はより現実味を増す。



PAK86_meganewo1039500-thumb-395.jpgauto-4074.jpg




特に男女の恋愛で大きく違う点は
恋愛に対する熱の上がり方。


ここを理解しておかないと

「そんなつもりじゃなかった…」

と女に言われ
あなたの恋愛は終わりを迎えてしまうだろう。



男は初対面でも相手の女が美人であったり
自分のタイプであった場合は
すぐに恋愛に発展しやすい傾向にある。
要は好きになるまでが早いのだ。


一方で女は第一印象で
「この人いいな」と思っても
すぐに好きにはならない。


女が男を好きになるには少し時間がかかる。
デートを重ね相手の事を見ていく中で
徐々に好きになっていくのだ。


この男女の恋愛の温度差を感じ取る事が出来ず
女がまだその気ではないのに
男がぐいぐい押し過ぎて
失敗してしまったというケースは多い。



例えば日本で男女の一目惚れの
実験を行った研究者がいる。

被験者に街でランダムに異性を見てもらい
ストライクゾーンに入る異性の数のデータを取った。

その結果

男は100人中1人
女は1000人中1人

という確立で異性に好意を持ったそうだ。



この実験からも分かるように


「男はすぐに好きになりやすいが、
 女は好きになるのに時間がかかる」のだ。




ただ女は好きになるまでに時間がかかるが
一度好きになってからは
その男性一筋で尽くしてくれる子が多い

これも併せて覚えておこう。



あなたは焦って押し過ぎてはいないだろうか?
恋愛において焦りは禁物だ。
覚えておこう。



賢太郎



P.S
賢太郎の新ブログはこちら
恋愛会話を科学する〜理想の彼女を作るための99の心理学〜



女の言う「優しい男性が好き」を信じてはいけない3つの理由 [女心を理解する]

『優しい男の人が好き』



女はしばしば「好きなタイプの男性は?」と聞かれた時に
このような回答をする。



…だがこれは決して信じてはいけない。大抵は嘘だ。
厳密には、嘘というわけではないが、かといって本音でもない。


これを安易に信じてしまう男は
文字通り「女にとって都合の良い男」に成り下がる。



あなたは「優しいね!」と言われて
浮かれているような、安い男になってはいけない。



「優しい人が好き」

この言葉の裏には3つの真実が隠されている。

TIG86_hoduewotukujyosei500.jpg

真実1:「優しい」とは便利な言葉である

「優しい人が好き」

ありがちでありながら、無難な回答だ。
そう答えて嫌な印象を受ける男は少ない。

女は自分のイメージを大切にする。


・本当はイケメンが好き
・金を持っていれば顔や性格なんてどうでもいい
・年下はなんかムリ


こう思っていたとしてもそうそう口には出さない。


それと同時に気をつけたいのが

「自分が本当に好きなタイプは何なのか把握してない」

というケースも多々あるという点だ。


そんな女は決まって
「好きになった人がタイプです♡」
なんて口にするがこれほど適当な答えもない。。。


このような表現や、「優しい人が好き」は自分の見られ方を
気にしている女が使う言葉だということを覚えておこう。



真実2:自分にとって都合の良い男を見極めている

そもそも「優しい人が好き」という言葉の裏には
『私にとって』という枕詞が抜けている。


そう、誰にでも優しい男ではなく
“自分にだけ優しい男”が女は好きなのだ。

自分だけを特別扱いしてくれる男が好きなのだ。



だが、そこであなたが過剰に優しくするようなことがあれば…

その瞬間に、あなたは女の潜在意識の中で「ナシ」と判断される。


関係性ができていない段階で男が優しくすると

・こいつは下心がある
・私に好かれたいんだな
・すぐに優しくしてきて…ちょろいな


と女に思われる。ニコニコしながら
心の底ではそう感じている。


逆に言えば、「優しい人が好き」と言うことで
『本当にこの男は自分にとって価値がある男か?』と
判断する機会を女は作っているとも言える。


本人達がそれを意識しているかどうは別の話だが
本能レベルでそれを女達は理解している。

言うまでもないが

あなたが価値ある男と思われたいのなら
ヘタに優しくしないほうがいいだろう。


真実3:女が実際に付き合っている男は本当に優しいか?

これが最も重要なことだが

事実として

「その女がこれまでに付き合ってきた男は
本当に優しいのか?」という部分に目を向けてもらいたい。


確かに口では「優しい人が好き」や
「○○な人が好き」と女は言う。だが、


その女が本当に優しい(○○な)男と付き合ってきたのか?

というと大抵の場合

「好きなタイプ」と「付き合ってきた男のタイプ」は
ほぼ一致しないと言っていいだろう。


「優しくて、知的な人が好き」と言っている女が

色黒で、筋骨隆々としたガテン系男と
付き合っているケースなど腐るほどある。


それだけ女の「言葉」と「行動」は一致しないし、
仮に一致していたとしても、本音を安易に
漏らすようなヘマは決してしない。


だから、あなたが目の前の女を落としたいのであれば
「事実としてこれまでその女はどのような恋愛をしてきたのか?」

という部分に意識を集中させなければならない。


もちろん、すぐに本音やこれまでの恋愛話を
全て聞き出そうとしてもそれは女にとって警戒の対象だ。


「いかに上手くその女の過去を知るか?」という

恋愛において非常に重要なテクニックを私は
いくつか知っているがこれはまた別の機会に話していこう。



賢太郎



P.S
賢太郎の新ブログはこちら
恋愛会話を科学する〜理想の彼女を作るための99の心理学〜



タグ: 優しい人
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

イケメンではない男はモテないのか? [女心を理解する]

恋愛において必ずと言っていい程話題に上がる事柄がある。

それが「顔の良さ」

ジャニーズ、俳優、モデル…
世の中には外見を売りにしている職業が数多く存在する。


最近でも

「美人すぎる○○」
「美魔女」

というフレーズが使い続けられている事から分かる通り
テレビ、雑誌、インターネット等
世の中はイケメンや美女が大好きだ。



こういった「顔の良さ」は
もちろん恋愛においても有利に働く事が多い。



N612_shibuyagawadedenwasuruikemen500.jpg



ではイケメンでない男はモテないのか?




答えは「NO」

ジャニーズやモデルを目指すのであれば問題だが、
恋愛においては「顔の良さ」は全く問題はない。

厳密に言うと「男の場合は」だが。


この「顔の良さ」については、
男女で認識の違いがあるという事を覚えておこう。


今の世の中において、
女であれば「顔の良さ」というものは
非常に重要な要素になってくる。

恋愛はもちろんの事
就職、面接、試験など
人生を左右する要因になりえる。


しかし、恋愛において男の「顔の良さ」は
ぶっちゃけあまり関係はない。


もちろん中にはイケメンが好きという女もいるが、
逆にイケメンは苦手という女もいる。

またあなたが自分の顔が嫌いだったとしても、
相手の女からすると好みの顔だったという事もある。


男の「顔の良さ」というものは
恋愛において些細な事でしかないのだ。

というのも女は男の「全体の雰囲気」を見ている。
これは服装・髪型・話し方・仕草でいくらでも磨く事が出来るのだ。





私がびっくりしたのが、

「自分は顔が良くないから…」

「顔にコンプレックスがあって…」

といって「自分はモテない」と
思い込んでいる男がかなり多いという事。

知人、友人、仕事仲間に至るまで、
こういった男は意外と多い。

その結果
「どうせ自分なんて…」
と言って恋愛に消極的になり行動をしようとしないのだ。

これは非常にもったいない。



もしあなたが

「顔がよくないとモテない…」
「顔がコンプレックスで恋愛なんて出来ない…」

などと悩んでいる場合は、
その幻想を捨て去ろう。

男がモテるために必要なのは、
顔ではなく「カッコいい雰囲気」

女はあなたから発せられる
全体的な雰囲気を見ている。

そしてこの雰囲気は
いくらでも作り出す事が出来る。
覚えておこう。



賢太郎



P.S
賢太郎の新ブログはこちら
恋愛会話を科学する〜理想の彼女を作るための99の心理学〜



女心を理解する ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。