So-net無料ブログ作成
検索選択
アプローチ選定 ブログトップ

脈無しの判断方法…女の断り文句ベスト3 [アプローチ選定]

「最近仕事が忙しくて…」


「今月は予定で埋まってて…」


「実は好きな人が出来て…」



これは女がよく使う断り文句だ。


「今は仕事が大変なんだな」


「もう予定が埋まっているんだ。アクティブな子だな」


「好きな男が出来たんじゃしょうがない」


昔の私は女の言葉を本気で信じていた。



lgf01a201402102300.jpg



しかし、これが断り文句だと気付いてからは
この言葉を聞く度に

「ああ、またか」

という思いと共に
どこが間違っていたのか
自分の行動に思いを巡らすようになる。


そう、自分で考えるしかないのだ。


なぜなら
何がダメだったのか
女は決して教えてくれないから。



いっそ

「自分の成長のためにも駄目な所を全部教えてくれ」

と何度思った事だろう。





例え女はどんなに忙しかったとしても
好きな男のためなら時間を作る。


・仕事を早く終わらせて

・睡眠時間を削って

・友人との約束をキャンセルして


また本当に忙しくて
こちらが指定した日が駄目だとしても
会いたいという気持ちがあるのなら別の日を提案してくる。



上記の断り文句とともに
別日の提案がない場合
残念だがあなたは脈無しと判断した方がいいだろう。





これはその女の中であなたの優先順位が
限りなく低い、もしくは低くなってしまったという事だ。


女の中であなたと過ごすより
他の男や友人との時間や
趣味に時間を費やした方がいいと判断されたという事でもある。



・強引に連絡先を交換してしまった

・第一印象が悪かった

・会話がつまらなかった

・女の話を聞いてあげなかった

・デートで行く場所を決めていなかった

・デートでお店を予約していなかった

会計を割り勘にしてしまった



理由はあなたの行動のどこかにある。





そして、一度こういった状況になってしまったら
まず挽回するのは難しい。


その女にいつまでも固執するのではなく
次の女に行った方がいいだろう。

あなたの貴重な時間と労力の無駄になってしまうからだ。



結果が出る人間は引き際を熟知しており
切り替えが非常に早い。



そして、
常に駄目だった部分を分析し改善していく。


「いったい何が駄目だったのか?」


当の本人は教えてくれないし
自分ではなかなか気付けないものだ。


出来ればあなたに的確なアドバイスをしてくれて
駄目な部分をちゃんと指摘してくれる相談相手を見つけよう。


相談する相手に関しての注意点は
恋愛相談という名の地雷を参考にして欲しい。


恋愛で一番もったいないのは
一人の女に固執し過ぎる事。


時には引く事も戦略だ。
覚えておこう。



賢太郎



P.S
賢太郎の新ブログはこちら
恋愛会話を科学する〜理想の彼女を作るための99の心理学〜



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

「連絡が来ない…」と悩む前に知っておきたい心掛け [アプローチ選定]

今日はちょっと視点を変えて
少し面白い話をしよう。


それは知り合いのキャバクラ嬢から聞いた話。


彼女は某人気キャバクラ店に務めるNo.1の嬢で
彼女を指名する客は一流企業の役職からスポーツ選手まで…

「普通には会えない人間」たちから『会いたい』と思われる
正真正銘の“イイ女”だ。

もし、あなたが「女から連絡が返ってこない」ことで
悩んでいるのであれば、おそらくハッとする話になるだろう。

※本来は2人で会話していた内容だが、わかりやすいように
 その嬢の言葉だけを抜き取っている。

42f702fb1c5025a250604365d4102fe2_s.jpg

男の人は連絡先を交換したらまず 「いきなりメールや電話をしてくる人」「自分からはあまり連絡してこない人」に 分かれるんだよね。これは私がこういう仕事をしているからっていうのもあるけど 女は基本的に「社交辞令」をするんだけど。いきなり馴れ馴れしくいける子も いるとは思うけど万人受けはしないから最初は礼儀正しく、相手を褒めたり、 愛想よく振る舞ったり…その時点で、大抵の男は「俺に気が合うかも?」と思うのか わからないけど、すぐにガッツいて返事をしてくるんだよね。


その時点で「この客は脈ありかなしか?」がわかるよ。簡単に(笑)。 そして中には毎日のように連絡をしてくる人とかいるんだけど これって女側からしたらただでさえ毎日いろんな男からメールや電話が来てるから、当り障りのない内容のものとか、自分が興味のない内容とか、指名に繋がらない内容だったら無視したり、返すとしても優先順位は一番後になるってことを知ったほうがいいよね。男の人でもモテモテでいろんな女の子からお誘いが毎日ある、って人もいるかもしれないけど、ある程度出会いのある女の子だったら 常日頃誘われて「ああ、面倒くさいなぁ」とか好みの相手だったら行く、とかそんな感覚になってるんだよね。私とかも朝寝て、夕方起きてケータイを見たらメールとか電話が10件20件来ててそれを返すところから1日が始まるし、たぶんそれはある程度人気のある子や、昼間の仕事をしている人でも出会いがある人ならそうなるんじゃないかな?…でも全部返せないでしょ?普通に考えて時間ないし。


もちろんお客さんだったらそれは仕事だから優先的に返すけど、それがプライベートになると「自分にメリットのない相手」とか俺が俺が、っていうふうに「話のつまらない男」だったら気持ち的には拒否したいくらい。簡単にいうと、男の人って『自分が狙っている女の子が“そういう状況”なんだよ』ってことを知らない人が多すぎるよね。オラオラで自分勝手。たしかにワイルドなのは1つ魅力的な要素だけど、それを履き違えたら“ただのイタい人”だし。。。当たり前の話だけど「自分とだけ連絡を取り合ってる」と思わないことだよね。そしてライバルに差をつけて一歩先を行くためには何をすればいいのか?そういう『相手目線』をしっかり考えられる人がやっぱりどんな女の子からもモテるよね。









さて、彼女の言葉の中にはいくつも
女を落とすためのヒント(むしろ限りなく答えに近い)が
隠されているが見つけられただろうか?

一度考えてみて欲しい。


賢太郎



P.S
賢太郎の新ブログはこちら
恋愛会話を科学する〜理想の彼女を作るための99の心理学〜



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

同時に2人以上の女にアプローチする際の注意点 [アプローチ選定]

今回は女にアプローチをする上で
絶対にしてはいけない注意点をお話しよう。


基本的に恋愛は自由だ。
誰を好きになってもいいし
同時に複数の人を好きになってもいい。


世の中には複数の彼氏彼女候補を作って
恋愛を楽しんでいる人もいる。

いわゆる「キープ」というやつだ。


中には

「そんな事出来ない」

「1人しか好きになれない」

という人もいるだろう。



C812_keitaigamewosurukoibito500-thumb-autox450%-2552.jpg



しかし、実はこれは恋愛を進めていく上で
非常に有効な手段であり
むしろ「キープ」を作っていく事で
自分の思い通りに恋愛を進めていく事が出来るのだ。


「同時に複数の女にアプローチをした方がいい理由」
に関してはこちらの記事で話しているので
まだ目を通してない方はまずこの記事を見て欲しい。



さて、そんな効果のある複数への同時アプローチだが
絶対に注意しなければならない事がある。


それはアプローチする女同士が面識がある場合
一人に絞る必要があるという事だ。


例えば合コンや街コンなどで
親友、職場の同僚、先輩後輩などといった
組み合わせの女のグループに会う事があるだろう。


その中であなた好みの女が複数いたとしても
同時にアプローチしてはいけない。

その場合は必ずアプローチする女を一人に絞ろう。


というのも女は男以上に恋バナが好きな生き物であり
裏で情報の共有を徹底して行っている。


もしあなたが
面識のある複数の女に同時にアプローチをしたとすると
連絡網で一気に拡散される。


「がっついていて余裕がない」

「女なら誰でもいい」

「遊び人」


といったレッテルを貼られてしまい
例え第一印象がよかったとしても
恋愛対象から外されてしまう。


そして定期的に行われている女子会で
格好のネタを提供する事になるだろう。


これは非常にもったいない事だ。


なので、複数にアプローチする場合は

「一切面識のない女」を狙っていこう。

これは鉄則だ。




また逆に女の立場として
お互い面識のある男2人から
同時にアプローチを受ける場合もある。

前提としてその男2人は
女の最低限の基準を満たしているとしよう。

その場合女はどのように考えて行動に移すのか
これも知識として覚えておくといいだろう。



これはまずその女が普段からモテているか
それともモテていないのかで反応が変わってくる。

まずモテる子はお互い面識のある男2人から
同時にアプローチを受けた場合
より気に入った男一人に絞る傾向がある。

また普段からモテる子で隠し事が嫌いであったり
気遣いが出来る子であれば
その男2人から誘われている事をそれぞれに話し
みんなで飲もうといった提案をしてくる事が多い。


いかし、一方で普段モテない女は
同時に面識のある男2人からアプローチされた場合
その事を伏せ両方とも少し時期をずらして
関係を進展させようとする。


そもそも普段からモテない女であれば
複数の男からアプローチされる事も稀かもしれないが

「普段からモテる女なのか?」

「モテない女なのか?」

こういった女の行動でそれを判断する事も出来るという事だ。
そして、その女の本当の性格も見えてくる。


恋愛においてキープを作る事は大事だが
それぞれが面識があるかどうかで
対応には注意が必要という訳だ。



女という生き物は
表でどれだけ良い顔をしていたとしても
裏では自分が損をしないように考え行動に移す
強かな部分も持っている。


「打算的」

「狡猾さ」

「腹黒さ」


こういった部分に女の怖さを感じる男もいるだろう。

だが安心して欲しい。
ここでしっかりと学んでいるあなたであれば
いやでも女が何を考えているのかが分かるようになり
何枚も上手になる事が可能だ。


そういった女の強かさを楽しむ余裕すら生まれてくるだろう。

ぜひあなたには女に振り回されるのではなく
女を振り回す側の男になってもらいたい。
覚えておこう。



賢太郎



P.S
賢太郎の新ブログはこちら
恋愛会話を科学する〜理想の彼女を作るための99の心理学〜



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

彼女が途絶えない男が必ず行っているたった1つの習慣 [アプローチ選定]

「どうしてあいつは彼女と別れても
 またすぐに別の女ができるんだ?」


モテる知人、友人を見て
一度はこのような疑問を持ったことがあるだろう。



基本的に人間は

・一度に1人の相手しか好きになれない。

・一人の相手としか付き合えない。

…世の中の多くの男女はこう思っている。


にもかかわらず恋人と別れたら
1週間も経たずして次の恋人ができる男がいる。

人生において彼女が途絶えない男がいる。

たった一人の彼女を作るのに四苦八苦している男がいる一方、
日替わりで別の女と遊んでいる男がいる。


それはどうしてか?



「あいつは顔がいいから」
「あいつは金持ちだから」

で片付けてしまうのは非常にもったいない。


なぜならあなたも

“たった1つの習慣”を取り入れるだけで

その「女が途絶えない男」
なることができるのだから。


PAK86_pockygirl20130512500.jpg


「あの子」を落としたいのなら「あの子」を落とそうとしてはいけない



これは「一途な男」や「なかなか彼女ができない男」に
多い“モテない思考パターン”を改善するための言葉だ。



要するに「一人に執着するな」とも言い換えられる。


・一人に執着するとその女しか見えなくなってしまう。

・その女の一挙手一投足が気になってしまう。

・その女が別の男と関わるのを恐れてしまう。

・その女に感情を支配されてしまう。


そんな状況になってしまっては
圧倒的に立場が不利になる。


ヘタすると何でも言うことを聞く「YESマン」になったり
都合良いように使われる「アッシー君」になってしまう。

そんな情けないことはないだろう。


だからここで一歩引いて考えよう。


「別の選択肢」を作るのだ。


つまり「出会い」をたくさん作ること。
これを強くお勧めする。



(こいつにフラレても俺には別の女がいるし)



このような精神状態は余裕を生むことに繋がる。


だから強気に出ることができるし
相手よりも強い立場を狙うことができる。

日常的に頭の中をその女で埋めずに済む。




常にいろんな女と連絡を取り合い
意識を分散させることが、本当の意味での余裕に繋がるのだ。


これは別に「女友達レベル」で構わない。


「自分は多数の女と常日頃関わっている」という
そのセルフイメージが余裕を生み出すのだ。


冒頭の「モテる男」達はこの
「出会いを日常的に生み出す」を必ず習慣化している。


だから一人に固執するようなことはしない。


そうすることでさらに女を引き寄せ

「彼女なんて作ろうと思えばいつでも作れる」という状況になり
本命の、タイプど真ん中の女を落とすことにも繋がる。



事実として

「彼女を作ってやる!」「デートに行こう!」
と鼻息を荒くしている男よりも

「別に楽しければいいや」「飯でもいく?」と
余裕のある男の方が確実にモテる。


だから男友達に接するように
女の友達を増やしていけばいい。

(むしろ「友達」に性別の差なんて考える必要すらないのだが)





そのように関係を拡大・持続していけば…



2014-05-03 22.21.15.png

数時間放置していたスマホをさっき確認したらこのような状況に…



こんな「お誘い」や「オファー待ち」の状況を作るのは容易く、
「ヒマだからこれからこの女と会おう」なんてことも簡単になる。

もちろん、返事をするのは気が向いた時で構わない。




本命である「あの子」がいたとしても
あなたはモテる男になるための行動を怠ってはいけない。


その努力している余裕が…作り出した状況が…
より本命の女を強く惹きつけるようになる。




モテたいのなら今すぐ出会いを作り始めよう。

あの子を落とすために。


賢太郎



P.S
賢太郎の新ブログはこちら
恋愛会話を科学する〜理想の彼女を作るための99の心理学〜



タグ:出会い
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
アプローチ選定 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。